インタビューinterview

UIターンインタビュー 株式会社イーストクリエイティブ 濱田拓眞さん

 

 

沖縄に移住してどれくらいになるか教えていただけますか?

 

沖縄には半年前に来たばかりです。沖縄に移住する前は京都におりまして、前職はグラフィックデザイナーとして、DTPに携わっていました。現在は、Webデザイナーとしてイーストクリエイティブで働いています。

 

【株式会社イーストクリエイティブの求人情報はこちら】

 

沖縄に来た理由、選んだ理由は?

 

実は、こちらに来るまでは沖縄とは縁が無かったんですが、東京オリンピックのロゴ問題があった時、「日本を少し俯瞰して見られそうな場所ってどこだろう」と考えることがありました。そのタイミングで大阪で開催されていたU・Iターン支援のイベントがあり、そこに参加して、イーストクリエイティブに出会い、そして今、沖縄にいるという感じです。

 

半年過ごしてみて、沖縄のイメージはいかがですか?

 

他の都道府県との違う部分が多くて、興味深いです。例えば、牧志公設市場のあたりの商店街を歩くと、看板の前に商品が並んでいるお店が多いんですね。お客さんはお店の看板を見てお店に入るのではなくて、お店の前に並んでいるものを見て、それを買うという状況が面白いなぁ、と思いました。店のブランドではなく、商品の良し悪しで買うという点で未来を感じました。
あと、うれしかったのは、意外に食べ物が美味しかったことです。沖縄の天ぷらは体に沁みるような味がして、私に合うなぁ、と思いました。

 

沖縄での仕事はいかがですか?

 

私はデザイナーというポジションではあるんですが、デザインの枠を超えて、企画をはじめ色々とさせてもらっているという印象が強いですね。
沖縄オフィスは制作に関して特化している感じで、現在4名のスタッフが働いています。東京は倍くらいスタッフがいますね。東京とは、Skype や Slack を使ってコミュニケーションをとったり、タスクを管理したりしています。
前職は休みが無いとか、終電で帰るというのが当たり前でした。なので、制作会社なのに休む時はちゃんと休むというスタンスにいい意味で驚きました。会社としても、なんでもいいから安請け合いをするのではなく、仕事を選んでいるという印象があります。

 

 

オフはどんな風に過ごしていますか?

 

入社してまだ間が無いので、今は業務を覚えるので精一杯です。ただ、近くに美術館があるので、美術展を観に行ったり、徐々に活動範囲を広げていっています。現在は完全にインドア派ですが、機会があればいろいろやってみたいと思います。あと、これからの話になりますが… 私の曾祖父が奄美大島の出身だそうで、沖縄に来てかなり近くなったので、一度奄美に行ってみたいと思っています。

 

今後、仕事にはどういう風に関わっていきたいですか?

 

今はフロントエンドのことしかわからないのですが、ゆくゆくはバックエンドも、説明できないことが無いようにしていきたいです。
沖縄という土地柄を考えると、海外の方が多くいらっしゃるイメージがあるので、その方々とコミュニケーションをとるような… 日本国外からも情報を得て、役に立てればと考えております。

 

移住を考えている皆さんに一言。

 

偉そうなことは言えませんが、移住というと「新天地に行く」みたいな印象が強いかもしれませんが、甘い期待は持ってこない方がいいかな、と。人間が変わらないと状況も変わらない、ということに近いと思います。身を持って実感していることです。今後、着実にスキルアップしつつも凝り固まらないように、沖縄にも馴染んでいこうと思います。

 

濱田さん、ありがとうございました!

 

【株式会社イーストクリエイティブの求人情報はこちら】 

おすすめコンテンツ

  • ニュース
先週末の5月18日(金)、本年度初めての沖縄県内IT求人企業向け説明会を開催しました!今回は55社の県内IT企業の...
  • ニュース
沖縄県那覇市、ゆいレール「美栄橋」駅から徒歩5分ほどのビジネス街の一角に、コワーキングスペース「おきなわダイアログ...
  • ニュース
  • Iターン
  • Uターン
  • 仕事
  • 暮らし
  • イベント
沖縄県が実施するITエンジニアのための移住・転職支援サービス「ITキャリア沖縄」では、現在(3月27日時点)、11...
  • ニュース
  • 暮らし
 沖縄県では、 観光客1000万人時代に対応できるインフラ整備を推進していくため、交通網の整備、情報発信の拡充等を...