沖縄生活情報okinawa life

沖縄の食堂に行く前に知っておくべきこと

2016年10月17日

  • 沖縄生活情報

古くから沖縄県民の胃袋を満たしているのが「食堂」です。いろいろなメニューがあり、ボリューム満点、そしてリーズナブルなのが沖縄の食堂です。お店によっては24時間営業の場合もあり、夜中でも早朝でも空腹を満たしてくれるありがたい存在です。ただ、そんな食堂で驚かないために、知っておいた方がいいことがありますので、今回は沖縄の食堂で驚かないために知っておいた方がいいことを書いてみます。
 
       
 

沖縄の食堂の「ちゃんぽん」は…

本土でちゃんぽんと云ったら「長崎ちゃんぽん」、つまり麺を思い浮かべると思いますが、沖縄の食堂のちゃんぽんは麺ではないのです。こちらです!
 

 
沖縄でちゃんぽんと云ったら、肉野菜炒めオン・ザ・ライスな食べ物なのです。ちなみに上記画像のちゃんぽんはお肉として「コンビーフハッシュ」が使われており、かなり油っこいです。二日酔いで食堂に行って、スープを求めてちゃんぽんを頼んでしまうと、とんでもないことになりそうです。二日酔いでなければ、見た目はカラフルで綺麗ですし、野菜もたっぷりなのでありがたいメニューです。

さて、カラフルと言えば…

沖縄のカツ丼はカラフル!

本土のカツ丼と言えば、トンカツを玉子でとじて三つ葉を乗せるような、シンプルな見た目のものが多いですが、沖縄のカツ丼はカラフルです。
 

 
見た目はちゃんぽんにも近いカラフルさです。こちら、トンカツだけでなく、いろいろな野菜と一緒に玉子とじにしているんです。
 

 
ニンジン、玉ねぎ、青菜の色が加わってカラフルになっています。もちろん、お肉だけではなく野菜も入っているので、ハイカロリーながら栄養満点のパワーフードになっています。
 

 
ちなみに沖縄の食堂のカツ丼の値段はだいたい500円から600円、お漬物とそば、もしくはお味噌汁が付いてきて、とってもリーズナブルです。

さて、お味噌汁と言えば…

みそ汁はメインディッシュ?

沖縄の食堂でメニューに書かれている「みそ汁」、たとえばこちら…
 

 
このラインナップで「みそ汁 500円」は高く感じませんか? ここで値段をあまり考えずに、牛丼屋感覚で「カレーライスとみそ汁!」なんてオーダーをしてしまうと、きっと後悔します。そう、沖縄の食堂のみそ汁はトッピング的に頼んじゃダメなのです。その理由は…
 

 
みそ汁を頼むと、こんな感じで出てきます。多くのお店がみそ汁を頼むと、丼いっぱいのおみそ汁、そしてご飯と一緒に出てきます。しかも、みそ汁は野菜やお肉まで入って、とても具だくさんです。

場合によっては、玉子やスパムも入っていて、これだけでお腹いっぱいになります。ちなみに、「みそ汁定食」というメニューがあるお店もありますが、こちらはみそ汁、ご飯の他におかずがついているセットになっています。
 

 
ということで、沖縄の食堂で驚かないために知っておきたいことを書いてみました。逆に言えば、これが沖縄の食堂の特徴的なメニューでもあるので、「沖縄らしいものが食べたい」という時には、ちゃんぽん、カツ丼、みそ汁定食がオススメです。まだ食べたことが無い方は、ぜひ次回の訪問時に試してみてください。

沖縄でITエンジニアとして働きたいと思ったら「IT Career 沖縄」に登録。
沖縄県内の最新求人情報の紹介や、定住までのバックアップをします。

IT career 沖縄 に登録する

CATEGORY