ニュースnews

沖縄クロス・ヘッド、日本ヒューレット・パッカードと協業しアジア向けITサービスの提供を開始

2018年6月15日

  • ニュース
  • 仕事

独自に開発した自社製品を国内中小企業向けに展開している沖縄クロス・ヘッド株式会社が、日本ヒューレット・パッカード株式会社と協業してアジア向けのITサービスの提供を、6月11日より開始しました。

同社はこれまで国内での実績を踏まえアジア展開を模索していましたが、国外のハードウェアの調達、保守サポートなどの課題がありました。
この度、日本ヒューレット・パッカードと協業して、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)製ハードウェアの上に自社ソフトウェアもしくは自社ソリューションを組み込んで、日本のみならず海外展開を目指す企業を支援するために用意された「OEM契約」を締結。アジア向けのサービス展開を実現する事となりました。この、OEM契約締結により自社開発ソフトを搭載したヒューレット・パッカード製の機器を「自社ブランド」として販売することが可能になります。アジア展開の課題だったメーカーの支援を獲得し、第一弾として、国内500社以上に導入実績のある「nas2cloud」の上位モデル「nas2cloud Plus」を、沖縄国際情報通信ネットワークを活用しアジア向けにサービス提供を開始します。

沖縄国際情報通信ネットワークを活用した同サービスにより、海外進出している日系企業の海外支店と本社のデータ連携や、沖縄データセンターでのバックアップを可能にします。海外に進出する日系企業の多くが、情報システム担当者を海外になかなか配属できないという課題を抱えています。それに対して、安全・安心かつ簡便なデータ連携・保全をサポートします。

(沖縄国際情報通信ネットワーク. http://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/johosangyo/hp_cms_change/160502_ognet.html を元に引用改変)

沖縄クロス・ヘッド株式会社は、今後も新たな海外パートナー企業との協業・事業拡大を計画し、海外の中堅・中小企業向け IoT を利用できるサービス展開を目指していく予定です。

 

ITキャリア沖縄には沖縄クロス・ヘッド株式会社の求人情報インタビュー記事が掲載されています。

興味のある方はぜひご覧ください。

 

CATEGORY